横浜市 外国 一人暮らし ドリンク フィリピン マニラ リビング 教育 中学校 撮影" />
SSブログ

高島雄平(元中学校校長)に家族はいる?経歴に通院の過去まで! [ニュース]

未成年を含む1万2000人以上の女性に対して

犯行を行ったとして世間を騒がせている

高島雄平元中学校校長(64)ですが、

現在Twitterなどを中心に務めていた

中学校経歴などが明らかになってきました。


1万2000というあまりにも現実離れした数字のため

信じられない人も多いのではないかと思います。


また調べていくうちに通院していた過去

あっただけでなく、家族構成についても

判明したので詳しく書いていきたいと思います。


高島雄平の経歴や中学校が判明


高島雄平の経歴を調べたところ

1988年フィリピンのマニラにある

日本人学校に赴任していることが判明しました。


それだけでなく3ヶ所の中学校で副校長

1ヶ所の中学校で校長を務めているそうです。


ちなみに現時点では校長として勤務していた

中学校だけは明らかになっており、そこは

芹が谷中学校という横浜市港南区にある中学校です。


ここには2011年3月まで勤務しており、

退職した際には3000万円もの退職金

受け取っていたんだとか。


その後もまだ教員を続けており、

2011年4月には理科を専門とした一般教諭として

横浜市立中和田中学校に務めています。


仕事も退職までちゃんと務め上げていますし、

フィリピンという外国でも教育に携わっていたりと

先生として本当に素晴らしい経歴を持った人ですね。


副校長や校長を務めていたということを考えると

元々はしっかりした人だったようにも思えます。


周りの方々からして見てもまさか犯罪に手を出すような

人間だったとは思わなかったんじゃないでしょうか。


通院していた過去と家族構成


実は高島雄平には通院していた過去がありました。

その症状は女性依存症だったそうで、

幼女や少女に対して異常な愛情を持ってしまい

文字通り依存してしまうんだとか。


今回の犯行の原因となっているのも恐らく

この女性依存症ではないかとされています。


やはり1万2000という現実離れした数を考えても

重度の依存症のレベルに達していないと

実現するのは困難だと思いますし、

今回の犯行の原因で間違いないと

言えるんじゃないでしょうか。


続いて高島雄平の家族構成ですが、

現時点ではまだ明らかになっていません。

しかし独身で一人暮らしではないかという

憶測がネット上では上がっています。


というのも今回の事件により高島雄平の自宅から

14万点もの撮影画像が押収されましたが、

その場所がリビングだったからです。


もし本当に家族がいるのであればリビングに

保管していれば確実にバレてしまいますし、

リビングでないにしても14万点となると

家族にバレずに保管というのはなかなか

難しいですからね。


やはりこれらのことを考えると高島雄平は

独身の可能性が高いと言えます。


まだまだ判明していないことは多いですが、

時間とともに様々なことが明らかになっていくと

思われるので今後の動向に注目していきましょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます